用賀の歯医者さんは長岡歯科へ|インプラント(CT完備)、咬み合わせ、歯周病、レーザー治療等

用賀の歯医者さんは長岡歯科へ

インプラントガイド
携帯サイトはこちらからどうぞ
トピックス一覧はこちらからどうぞ
患者様の声
病院まちねっと
インスタグラム

入れ歯治療

一生涯、ご自分の歯で物を噛めることが理想ですが、虫歯や歯周病等により歯を失って、入れ歯が必要になってしまうこともあります。最近では第二の永久歯としてインプラント治療も可能になってきていますが、患者様の症状によっては入れ歯の方が適合性が高いというケースもあります。
入れ歯を作製するにあたっては、精度の高い技術と調整力が求められます。ほんのわずかな狂いで違和感や痛みが出てしまうため、細心の注意を払って作製していきます。また、入れ歯は歯の問題だけでなく、顎の機能にも影響してきます。

バランスよく機能させないと顎関節症を引き起こしたり、顎がやせ細り顔貌にも影響が出てしまいます。当院では装着したときのフィット感や安定性に留意し、違和感のない一人一人の患者さんにあった入れ歯作製を目指しています。

義歯(入れ歯)の種類と治療費

入れ歯には、プラスチック製や金属製のものがあります。また、保険適応や自費治療にも分けられ、患者様の状態に合わせて作製します。金属床の場合は、金属で作られているため強度があり、薄い仕上がりになっているので違和感が少ないのが特徴です。汚れもつきにくく、食べ物の味も損なわないため、丈夫で長持ちします。

シンラシステムによる機能・審美的な咀嚼器診断・構築

シンラシステムは咬合せにおいては、世界的にも第一人者である阿部晴彦先生により考案・開発され、長年の臨床経験から改良を重ね、補綴臨床において正中矢状面を基準とした咀嚼機能診断・構築を可能とするシステムです。
一人一人の義歯を専用の台座に載せ、実際の顎の動きや顔のバランスなど総合的に検討し、違和感の無い自然な義歯の製作を目指します。入れ歯安定剤を使用しない義歯・外れない義歯・口元が不自然な義歯など多くの悩みを抱える患者様の助けとなる画期的なシステムと言えます。

■シンラシステムによるブレードティース
入れ歯では、肉やタクワンのような食物を噛み切ることは容易ではありません。そこで考えだされたのが金属を使った人工歯です。

原理は包丁とまな板です。上顎の義歯に包丁のような金属歯を、下顎の義歯にまな板のような歯を装着すればよく噛めるようになります。これをシンラシステムを利用して、咬み合せの精度を高め、高密度の入れ歯に仕上げることでより噛みやすい入れ歯にすることができます。

義歯製作中に起こる変形は、義歯の吸着力に影響を与えます。そこで当医院では、加圧填入方式加熱重合法を用いたレジン床義歯イボカップを使用しております。
これは、通常、保険で作製される加熱重合法より寸法変化が極めて少なく、精密で正確に適合します。硬度が高いため、レジン床でありながら破損の心配もほとんどありません。また、他のレジンより匂いがないというメリットもあります。

プラスティックの入れ歯に比べ、金属を使用するため食べ物や飲み物の熱が伝わりやすく、自然に近い味覚が得られます。また、薄く小さく馴染みやすいので違和感がなく、発音なども比較的滑らかにすることができます。

人口歯には個性に合ったものを使用するので若々しい口元が得られます。また、汚れがつきにくく、気になる入れ歯特有の臭いが少なく衛生的です。

■製作費用
\270,000(税込)~
金属部分をチタンにすることにより、コバルトクロムを使ったものよりも体に優しく、軽く快適な咀嚼運動が得られます。また、金属アレルギーの方にも安心して使っていただけ、金属床の特徴を併せ持った入れ歯です。

■製作費用
総入れ歯のみ:¥410,400(税込)

コバルトクロムやニッケルを使った入れ歯に比べ、金属部分を金とすることによって、腐食などによる劣化や変色がありません。また、他の金属よりも精密に加工することができるので、より良い装着間が得られ、体にも優しく、金属アレルギーの心配もありません。金属特有の味が全くしないので良質な熱の伝導性とともに食事をおいしくいただくことができます。

■製作費用
¥378,000(税込)~

スーパーポリアミドというナイロン系の素材でできているため薄くて軽く、破折に対する心配はほとんどありません。また、弾力性に富んだ素材のため金属のバネを必要とせず、審美性にとても優れています。色調も周囲と同化し一目では区別がつきません。

プラスティックでできた入れ歯で、保険が適用されるので経済的です。しかし、保険診療では材質、形態などの制限があります。