用賀の歯医者さんは長岡歯科へ|インプラント(CT完備)、咬み合わせ、歯周病、レーザー治療等

用賀の歯医者さんは長岡歯科へ

インプラントガイド
携帯サイトはこちらからどうぞ
トピックス一覧はこちらからどうぞ
患者様の声
病院まちねっと
インスタグラム

インプラント

インプラントは、ブリッジや入れ歯にかわる最先端の治療です。抜けてなくなってしまった自分の歯の代わりに、あごの骨に埋め込む人工の歯根のことです。

治療は、あごの骨に埋め込んだインプラント本体に、セラミックなどの人工の素材で作られた歯冠を取り付けることで、噛む機能を取り戻します。再び食事や会話を楽しみ、歯のある幸せを実感することが出来るでしょう。

インプラントのメリット

インプラントとは、歯を何らかの原因で失ってしまった時、その歯の無い所に人工の歯を入れる方法です。歯肉の内部にある顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。チタンは3ヶ月 ~6ヶ月で骨と直接結合する性質があるため、より自然の歯に近い噛み心地と美しい歯を手に入れられる治療法と言えます。そのため、人工的に埋め込んだインプラントでも、自分の天然歯と同じように強く支えることが出来るのです。
インプラントには以下のようなメリットがあります。

インプラント体があごの骨にしっかりと固定されているため、天然の歯とほとんど変わらないしっかりとした噛み心地に回復できます。そのため歯を失い、咀嚼力の低下で歯から顎への刺激が減り、顎が痩せてしまう等の問題も起こりません。
人工歯根の上の支台部をいろいろ選択できるため、 これを歯茎の下に隠れるよう設計でき、外からは人工歯冠しか見えないよう審美的に自由自在のお好みの人工歯冠を取り付けることが可能です。
インプラントには入れ歯のような「ぐらつき」や「がたつき」「すぐ外れる」といった心配はありません。ご自身の歯のように楽しく食事ができ、ゆとりをもっておしゃべりを楽しむことが出来ます。

歯を失ってしまった場合、従来の方法ではブリッジによる修復が行われていますが、この場合は隣の歯を削る必要があり、どうしても負担がかかってしまいます。インプラントは単体で治療できるため、そのようなデメリットが解消されます。

歯科用CTについて

CTとはコンピューター断層撮影(computed tomography)の略で、X線とコンピューターを使って体の断面を輪切りの状態(断面画像)で見ることができるようにする装置です。断面画像からは、体の各臓器の形態、大きさ、位置などを確認することができます。

CTを使用する事により水平・垂直・斜めと見たい断面を自由に見る事ができ、口腔内の細部まで立体的な画像診断が出来るようになります。現在歯科用CTを導入している医院は少ないのが現状です。しかしより高度で精密な治療には必要不可欠です。当院では独立したCT外来を設け、外部に委託することなくスピーディに検査を行える体制を整えています。

CTで撮影した画像からは、顎(あご)の骨の形や欠損状態が分かるだけでなく、神経の位置や向きなども調べることができます。また、CTは腫瘍の大きさや3次元的形態の把握、歯の中の神経の分岐状態や根尖嚢胞の有無の確認等でも大きなメリットがあります。

近年インプラント治療等で安全・正確に手術を行う上で必須といっても過言ではありません。一方で、被曝線量(X線の被爆)は従来の歯科医院で撮影していたパノラマレントゲン撮影2枚分の被爆量で済みます。

虫歯が悪化してしまい歯の神経(歯髄)まで細菌に冒されている場合や、すでに歯髄が取られていても根管が細菌感染を起こしている場合は「根管治療」を行う必要があります。根管治療は深い虫歯などで歯の神経を取ったあと神経が入っていた根管をきれいにして、根の先まで薬を入れます。歯の根は後で被せ物を入れる際、土台となる大事な部分ですので、しっかり処置をしなければなりません。適切な根管治療がされていない歯は長く持たず、後々に根尖性歯周炎になり、根の先端が化膿したり、痛みがでるからです。(下図:CT活用治療後で見るレントゲン写真)

多くの歯科医院で一般的に行われている治療ですが、根管は複雑に分岐・湾曲しているため、歯科治療のなかでも非常に難しい治療のひとつといえます。しかし、上述のように歯を長く持たせるためにはしっかりとした治療が必要となるため、感覚的な治療ではなく、CTのような精度の高い機器を利用しながら治療を行うことが望ましいと考えられます。当院では、CTを活用して3次元的な角度で根の分岐等を確認し、治療を行なっています。


インプラント治療は高度な歯科医療技術が求められます。加えて、安全性の問われる非常に精密な治療でもあるため、患者様も慎重に治療の選択を行われるかと思います。

当院ではセカンドオピニオンも積極的に受け入れ、患者様のお口の状態をCT等を活用して、正確に診断します。その上で、インプラントに適しているか、または違う治療法をおすすめするのか、患者様のご要望を伺いながら客観的な立場でアドバイスさせていただいております。他院でインプラント治療を断られたという方でも、診断によっては可能なケースもありますので、どうぞお気軽にご相談ください。

インプラントの様々な治療法

インプラントは、1本から全ての歯を失った場合まで様々なケースに合わせて治療することが可能です。そのため状態に合わせた治療方法がありますのでいくつかご紹介いたします。ご参考にご覧下さい。


インプラントは審美性が高くとても自然な仕上がりのため、特に前歯などにの比較的目立つ箇所に最適です。
 

従来では部分入れ歯などで補うのが通常でした。しかし、金属の金具が邪魔であったり、うまく食べれないなど不快感が残ります。しかし、インプラントをすることで、しっかりと噛みあい天然歯のような噛み心地を得られます。
 

総入れ歯からのインプラントに変える際は、オールオンフォー(ALL ON 4)という治療をお勧めしております。埋入するインプラントは4本で済むため手術費用が比較的安価に抑えられます。埋入後はその日のうちに仮歯を固定しますので、軽いお食事や会話に困ることはありません。