用賀の歯医者さんは長岡歯科へ|インプラント(CT完備)、咬み合わせ、歯周病、レーザー治療等

用賀の歯医者さんは長岡歯科へ

インプラントガイド
携帯サイトはこちらからどうぞ
トピックス一覧はこちらからどうぞ
患者様の声
病院まちねっと
インスタグラム

小児歯科

永久歯列は、およそ12歳前後で完成しますが、それ以前の乳歯列期~混合歯列期は非常に大切な時期です。「乳歯はどうせ生え変わるから…」 という言葉を時々保護者の方からお聞きしますが、乳歯の不正や異常が後続永久歯に影響を与える場合があります。 また、3歳を越えての指しゃぶりや舌の癖、おしゃぶりや哺乳びんの長時間、長期の使用なども歯並びや顎の成長に影響を与えます。
健全な歯の育成は小児期からすでに始まっています。早い時期から歯の正しい知識と習慣を身につけることが、大人になってからも健康な歯を維持するための秘訣といっても過言ではないでしょう。


当院はバリアフリー設計となっているため、ベビーカーや車椅子でも支障なく入ることができます。小さなお子様をお連れの患者様でも、診療台にベビーカーを横付けできるので治療を受けている間も安心して、お子様の様子を見ることができます。

虫歯にならないために

乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすいと言われています。 乳歯はとてもやわらかいので虫歯になりやすく、進行も早いのです。初期段階の虫歯は痛みなどの自覚症状がないので、ご家族の方もなかなか気が付きづらいかと思います。虫歯にならないようにお子さんの歯を大人がしっかりとケアし、正しい歯磨きを教えてあげることが大切です。 また、以下のようなことを日頃から気を付けることも虫歯予防につながります。

よく噛むことによって、唾液の分泌が盛んになります。唾液には「緩衝能」と言って、酸性になったお口の中を中性に戻す力がありますので虫歯予防に効果があります。
歯の質を強くする「フッ素」を塗ることによって、むし歯になりにくくなります。フッ素塗布やフッ素入り歯磨きは、虫歯の原因菌が出す酸に溶けにくい強い歯に変化させます。
むし歯菌の大好物は「ショ糖」です。 砂糖が多く含まれるものは、酸の産生を活発にさせます。 同じ「甘いもの」でも、やはりショ糖の多いものの方がむし歯にはなりやすいのです。
ひとりで上手に歯を磨けるようになるまでの間は、お母さんやお父さんが仕上げ磨きで磨き残しをチェックしてあげましょう。また、優しく磨き方を教えて歯磨きは楽しいと感じさせてあげましょう。

シーラント

シーラントとは奥歯の溝を薄いフッ素入りのプラスチックで塞ぐ虫歯予防法です。 奥歯の溝は複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入らずそのために毎日歯磨きをしていてもむし歯になってしまうことがありますが、フッ素の力とシーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝のむし歯を防ぐことが可能です。シーラントは特に、生えたての奥歯の虫歯予防に有効です(6~7歳頃、11~13歳頃)。 また健康保険適応の虫歯予防ですのでお気軽に治療いただけます。

当院では「ビューティシーラント」というシーラントを導入しています。従来型のシーラントでは、「エッチング」といって、シーラントを流す部分を酸で処理していましたが、このビューティシーラントでは酸処理がほとんどなく、水洗も必要なくなったため、お子様にもやさしいシーラントです。

Q&A 子どもの歯の質問


哺乳ビンをなかなか離せない子に多いのが、哺乳瓶カリエスです。哺乳瓶カリエスとは、哺乳瓶の中の砂糖を多く含んだミルクや、脂好飲料を長時間くわえさせたままにしておくとおこる前歯に多い虫歯のことです。口の中に糖分が残ったままブラッシングせずに寝てしまうため、どうしても哺乳瓶が必要なら中身をお茶などにしておくと良いでしょう。
 

フッ素は歯質を強化するものです。フッ素を塗ったからといって必ず虫歯にならないというものではありません。あくまでも予防処置です。歯ブラシは必ずしましょう。フッ素は一年に3~4回(3~4ヶ月に一度)がよいでしょう。
 

医者に行くことはほとんどすべての子どもにとってある程度の不安や恐怖感を伴うものです。小学生くらいになると恐怖感を感じてもそれに正しく対応できるところまで情緒的に発達していますが、保育園児にとってはまだ無理でしょう。

いずれにしても十分な説明によりその目的や意義を明確にしてあげることが必要です。ただし、デパートやおもちゃを買いに行くなどとうそをついて連れて行くのはやめましょう。